トップロゴ
安全確認トレーニングって? トレーニング方法 研修キットのご案内 トピックス 関連リンク 会社概要 お問い合わせ

 ホーム > 安全確認トレーニングって? > 7 福祉用具安全確認トレーニングの背景
7 福祉用具安全確認トレーニングの背景
なぜ開発したのか?
重大事故を未然に防ぐのは、ひやりはっと段階から行う必要があるためです。
介護する側の精神的負担も軽減したいというねらいもあります。
ハインリッヒの法則
ハインリッヒの法則
1939年・アメリカの技師ハインリッヒが発表。
300件のひやりはっとに、29件の軽傷事故、1件の重大事故が発生するという確率(300:29:1)が見られる。

新聞
福祉用具と福祉サービスのリスクマネージメントが注目されている。

ひやりはっと予防
・重大事故発生確率低減
・事業リスク回避
・利用者の安心確保
   ↓
 質の向上
 
下記メニューから項目をクリックすると内容にすすみます。
 1 具体的な内容構成 1/2
 2 具体的な内容構成 2/2
 3 基本的な使い方
 4 福祉用具安全確認トレーニングの特色
 5 公的機関のバックアップ
 6 ベースとしたもの
 7 福祉用具安全確認トレーニングの背景
 8 アンケート調査結果
     


(C) Copyright since 2003 Satellite co.,ltd. All Rights Reserved.