トップロゴ
安全確認トレーニングって? トレーニング方法 研修キットのご案内 トピックス 関連リンク 会社概要 お問い合わせ

 ホーム > 安全確認トレーニングの進め方 > 2 トレーニングの準備
2 トレーニングの準備
トレーニングは5〜6人のグループで行うのが基本です。個人学習も可能です。
・時間 1時間
・場所 5〜6人単位でミーティングできる机に着席してください。
・準備物 
1)状況図シート(1種類・1〜2枚)
2)記入シート(数枚)
3)参考事例シート(状況図と対応したもの。参加人数分)
4)実事例記入シート(参加人数分)
5)筆記用具

CD-ROMを液晶プロジェクターなどで大写しにする場合

お使いのパソコン画面の解像度を800×600ピクセルに設定してください。画面いっぱいに映し出すことができます。
解像度設定手順:
ポップアップメニュー パソコン画面上で右クリックします。左のようなポップアップメニューが表示されます。

[ プロパティ ] の部分を左クリックします。

 

 

 

 

以下のようなウィンドウが表示されます。[ 設定 ]タブをクリックします。
画面のプロパティ

以下の画面が表示されます。画面の解像度を800×600に設定し、[ OK ]ボタンをクリックします。
画面のプロパティ-設定

ウィンドウが非表示となり、画面が800×600ピクセルに変更されます。以上で準備完了です。福祉用具安全確認トレーニングCD−ROMを挿入してください。自動的にプログラムがスタートします。

研修が終了し、パソコンの画面設定を元に戻す場合は以上の手順で画面の解像度を元に戻してください。通常お使いの画面表示に戻ります。


 
下記メニューから項目をクリックすると内容にすすみます。
 1 トレーニング方法種類
 2 トレーニングの準備
 3 トレーニングの進め方(基本的な進め方)
 4 トレーニングの進め方(応用的な進め方)
 5 進め方のポイント
 6 「知っておきたい用具の基本」
     


(C) Copyright since 2003 Satellite co.,ltd. All Rights Reserved.